HOME > 救急関係

あなたの救命処置が傷病者を救う

バインスタンダー

バイスタンダー

バイスタンダー (bystander) とは救急現場に居合わせた人
(発見者、同伴者等)のことをいいます。


心臓と呼吸が止まってしまった傷病者に対して、救急車が駆け付ける間に『バイスタンダー』による心肺蘇生法(心臓マッサージや人工呼吸)やAED(自動体外式除細動器)による電気ショック等の救命処置が救命率を大きく左右します。

救急隊の現場到着までの時間は年々長くなっており、気仙沼・本吉広域消防本部管内で 9.5分(平成23年)となっています。
その間、傷病者に対してバイスタンダーが勇気を出して手を差し伸べること、まずはこれが傷病者を救命する第一歩となります。

命のタイムリミット

命のタイムリミット 右のグラフは緊急事態に陥った傷病者の死亡率を示しています。

(1) 心臓停止約3で50%の人が死亡します。
(2) 呼吸停止約10分で50%の人が死亡します。
(3) 出血多量約30分で50%の人が死亡します。


心肺停止に陥った傷病者へ、心肺蘇生法等の救命手当を実施しなかった場合、1分間で7%~10%も救命率は低下していきます。 しかし、『バイスタンダー』による心肺蘇生法・AEDによる迅速な電気ショックを実施することにより、傷病者を救命できる確率は格段に上昇します。

救命の連鎖

救命の連鎖
傷病者の命を救い、社会復帰するまでの流れを「救命の連鎖」といいます。この「救命の連鎖」は、
(1)心停止の予防
(2)心停止の早期認識と119番通報
(3)バイスタンダーの一次救命処置
(4)救急隊や医師が行う二次救命処置・集中治療
これらの連鎖により、傷病者の社会復帰を目指すものです。この4つの連鎖が迅速に繋がることで、傷病者の救命率は格段に上昇します。

この「救命の連鎖」、最初の3つの輪までは、バイスタンダーの皆さんが担うものです。
バイスタンダーから救急隊へ、救急隊から医師へ、命のバトンを引き継ぐ「救命の連鎖」。
死の淵にいる傷病者を救うのは、AEDでも高度な医療器具でもありません。
また、完璧である必要もありません。
救命の連鎖は、まず『バイスタンダー』である皆さんの『勇気ある第一歩』から始まります。


近年、心肺停止傷病者の生存率は『バイスタンダー』の皆さんのおかげで、年々上昇しています。
そして、まだまだ伸びることでしょう。
いざというとき、自信を持って傷病者に救いの手を差し伸べることができるよう、心肺蘇生法講習を受講してみてはいかがでしょうか。

救急講習会の開催について

気仙沼・本吉地域広域行政事務組合消防本部では、救命講習会を定期開催しております。どなたでも参加することができますので是非お申込みください。

救急講習 定期開催日程
事業所や団体での応急手当・救急講習の受講は、定期開催以外の日程でも可能ですので、最寄りの消防機関にお問い合わせください。
応急手当講習のススメ
救命講習会申込用紙ダウンロード
患者等搬送乗務員講習 受講案内ダウンロード
患者等搬送乗務員講習 受講申請書ダウンロード
応急手当WEB講習

救急車利用マニュアル A guide for ambulance services


       

      
南三陸町 ホームページ 気仙沼市 ホームページ